「Debug certificate expired on 〜」というエラーが発生した場合の対処

EclipseのDebug用署名がExpireしています。作り直しましょう。

Sourceは変わっていないのにプロジェクトだけがエラーとなってビビりました。どうやらDebug用の署名がExpireしたのが理由のようです。今の所、Debug用の署名の有効期間は1年間のようです。1年以上、同じ環境下で開発を続けているとこのメッセージに遭遇することになります。

以下の手順で作り直すことで解決します。

  1. debug.keystoreの削除
    『Window(W)』→『設定(P)』で『Android』→『ビルド』を選択。「Default debug keystore:」にデバッグ用署名の鍵束の場所が記載されているので、古くなったdebug.keystoreを手動で削除します。
  2. debug.keystoreの作り直し
    『プロジェクト(P)』→『クリーン(C)...』を選択。「すべてのプロジェクトをクリーン(A)」が選択されているのを確認し『OK』を選択。これで作り直し終了。開発環境が戻ったはず。
  3. デバッグ端末から開発中のアプリの削除
    デバッグ端末にインストールしているアプリは古い署名でサインされているので、放っておくとデバッグインストールで跳ねられます。端末の『設定』やadbコマンド経由より開発中のアプリをアンインストールすると解決します。

関連記事

Key : Eclipse


Last-modified: 2012.09.23 (日) 07:15:12 (2156d)