Google Play services (Google Play開発者サービス)

Googleが提供するサービスの補助ツール群です。対象はGoogle PlayがインストールされているAndroid2.2以降の端末。LibraryはSDK経由で入手できます。

Google Play更新と共に「Google Play開発者サービス」という名称でAndroid端末にインストールされています。このツールが要求している権限が非常に多く、また意図しないタイミングでインストールされてしまい利用者から反感を得てしまったという残念なサービス開始でした。

機能としてはOAuth認証の肩代わり、Google+との同期等、雑多な機能が多く含まれています。特にOAuth認証は利用者・開発者共に有益な機能でしょう。セキュリティのキモとなるパスワードの管理が格段に楽になります。

懸念としては、Google Playの囲い込みでしょうか。Kindle端末等のGoogle非公認端末ではGoogle Playを使用することは出来ませんし、野良端末でも同様の嫌がらせは今後増えてくるものと想定できます。

本拠地

  • Google Play開発者サービス - Google Play の Android アプリ
    評価悪過ぎだろう。ツールの仕組みからするとGoogle Play並みの権限を必要とするのは仕方の無いところだろう。勝手にインストール仕組みならGoogle Playも同様だしGoogle Playもかなりの権限を要求している。「Google Play補助ツール」あたりにしておけばまだマシだった気はする。

Android Developers Blog

まとめ

あとでまとめる


Last-modified: 2013.02.05 (火) 02:56:43 (2140d)